『夏のアトリエ』

August 5, 2015

今更ながら、板橋区立美術館主催 夏のアトリエに参加してきました。

夏のアトリエは、毎年夏に板美で行われるボローニャ国際絵本原画展に合わせて

開催されるイラストレーター向けのワークショップです。

http://www.itabashiartmuseum.jp/art-2013/bologna/index.html

 

講師の方は、ボローニャ絵本原画展に関わりのある方(作家さんであったり、教授、編集者の方など)です。5日間、イラストや絵本制作に関するプロセスなどを学びます。そして、朝から夕方(場合によっては自主居残りで夜まで)美術館に缶詰になって、作業したり夢のよう。

私は、10代の頃から参加させて頂いて、大先輩の作家さんと交流を持てることはかなり貴重な良い経験です。新しい扉が開くようなカンジ。

 

夏のアトリエは3回参加したら卒業ということで、私は今年で最後になりました。

第一回目はフランスの絵本作家さんえあるエレーヌ・リフ氏(通訳;伏見操さん) 二回目はイギリス・ケンブリッジにあるラスキン大学の教授マーティン・ソールズベリー氏(通訳;前沢 明枝さん)、そして今回第三回目がベルギーの絵本作家・イラストレーターまた大学でも指導しているクラース・フェルプランケ氏(通訳;森泉文美さん)。講師の先生方が素晴らしいのはもちろん、通訳さんがまた素敵なんですよね。

もう参加できないのは悲しいですが、板橋区立美術館の皆様には、頭が上がらないというか とてもお世話になっているので今後も何かとよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

Please reload

Featured Posts

新作絵本が韓国から発売!

August 31, 2019

1/4
Please reload

Recent Posts

January 26, 2019

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

© 2014 by Nozomi Takahashi. Proudly created with Wix.com    |    nozomi.takahashi8@gmail.com